Wordpress

ページのトップへ戻るボタン「WP To Top」|WordPressのプラグイン

スポンサーリンク


このブログも少しずつページやカテゴリーも増えて、

ページによってはかなり下までスクロールするコンテンツが出来てきましたので

上までスルスルっと戻れるボタンを設置しようと思い調べました。

「ワードプレス トップへ戻る」で調べるとScroll to Topというプラグインが見つかりました。

がしかし、このプラグインを有効化して反映されたと思ったのですが

ページの真ん中に表示されてしまいユーザビリティを考えると

ブログが読みづらいので削除しました。

正直少し頑張ればCSSのpositonをいじってとかでできるだろうと思ったのですが

それすら面倒くさいなっと思いサクッと切り替えました

時間に余裕がある人はチャレンジしてみてください。

なので私は一発で位置も指定できるのは無いかと探し「WP To Top」にいきつきました。

位置も「設定」⇒「WP To Top」でPosition欄で変更できます。

Wptotop

デフォルトでrightなのでいじらずに済みます

文字(フォント)や文字の色、背景(バックグランド)の色も変えられます。

WPtotop2

 

ページの下にスクロールしていくと右下にBack to topと出てきます。

これを押すとページの上部へスルスルっと上がっていきます。

かなり便利なプラグインなのでおすすめです!

スポンサーリンク


ワードプレスでサイトマップを一発で表示できるプラグイン!

ワードプレスのサイトマップを生成するプラグイン

スポンサーリンク


WordPressのサイトマップ(グーグルのウェブマスター用のXMLではない)をプラグインを入れるだけで

表示できる「PS Auto Sitemap」

このプラグインで作成した当ブログのサイトマップページはこちら

PS Auto Sitemapの設定方法

プラグインの新規追加でPS Auto Sitemapと入力して検索。

プラグインを有効化します。

まずサイトマップ用の固定ページを作成します。

ダッシュボード左の「固定ページ」から「新規追加」をクリック

サイトマップ

 

タイトルとパーマリンクは自由に設定可能です。

テキスト編集で<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>と入力します。

このページを公開しアップします。

次にダッシュボード左の固定ページから「固定ページ一覧」を選択

サイトマップ2

 

にマウスカーソルを乗せるとスクリーン左下に下記が出ます。

サイトマップ3

 

このpost=○○○の数字をメモ

次はダッシュボードの「設定」から「PS Auto Sitemap」を選択

PSAutoSitemap

 

サイトマップを表示する記事に数字を入力

変更を保存をクリックするとサイトマップ固定ページが完成です

スポンサーリンク


ワードプレスのシンタックスハイライトのプラグイン

スポンサーリンク


以前からWeb系のブロガーのブログで、

書いているコードに行がついていたり、

色が変わっていたり、

クリップボードにコピーできたり、

その部分だけ印刷できたりと

色々な機能がついているこれはなんていう名前なんだろう?と思ってました。

自分がブログを始めてソースコードを書いたりするなど

思ってなかったので調べなかったのですが、

言葉が分からないと調べようが無いなーと困っていましたが

これを機にチェックしてみました

チェックしたのはもちろんこれ(シンタックスハイライト)が使われているブログのソースです

ヘッダー内のソースをみていたら「syntaxhighlighter」という文字が見えこれでは!と思い

検索すると色々情報が出てきました!

いくつかのブログを読んで一番使いやすそうな「Crayon Syntax Highlighter」というプラグインを

導入してみました。

プラグインの設定はここでは端折りますw

使い方はシンタックスハイライトの二つのタグでソースコードをはさみます。

すると下記のように表示が変わります。

私のような未熟者ではまだあまり使いどころがないのですが

コードを情報提供できるようになったら使用頻度も上がりそうですね。

スポンサーリンク


ワードプレスの絵文字が楽に使えるプラグイン!

スポンサーリンク


ワードプレスの絵文字プラグイン

あまり絵文字を多用しないのですが

ブログって絵文字が無いとなんだか寂しいですよね

いちいち;と-と)を打って;-)のスマイリー(スマイリーについて解説しているページはこちら)を

出すのは面倒くさいのでビジュアルエディターでサクッと選択してできるプラグインを

見つけたので紹介します!

「TypePad emoji for TinyMCE」です!

これをプラグイン追加するとエディターに絵文字が追加され、このボタンを押すと

絵文字2
このように簡単にリストから絵文字が選択できるようになります

絵文字の使用頻度が多い方は是非入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク


WordPressのリンク切れチェックは「BrokenLinkChecker」

BrokenLinkChecker1

ワードプレスのリンク切れチェックをするプラグイン

スポンサーリンク


WordPressのリンク切れをチェックしてくれるプラグインを紹介します。

過去の記事でリンクを貼った先のサイトやブログが閉鎖していて

リンク切れが起こっていることなどがあります。

そんな時にとても役立つプラグインです。

定期的にリンク切れチェックをしてくれ

初期設定でリンク切れのテキストに打消し線(こういうの)が入ります。

BrokenLinkChecker1

オプション設定で色々変更が可能です。

打消し線も違うものにCSSで変更できますし、

定期的にリンクチェックをする時間も変更可能です。

他にもリンクチェック対象やリンクの種類などのタブもあります。

動画の埋め込みのリンクなどもチェックできるし詳細な設定が可能です。

とても便利なプラグインなので是非入れてみてください。

スポンサーリンク