ゴルフをこれから始める人が必要な道具と安く揃える方法

ゴルフ

ゴルフを始めて3年が経ち、

年間のラウンドもだいたい月1ペースでやっています。

まだまだこれからの私ですが

今だからこそまだ初心者だったころの心理が分かるうちに

今回のようなゴルフに最低限必要な道具についての

テーマを記事にしてみようかと思います。

きっとこれから始められる方からすると

道具を揃えるのにいくら位かかるか?

どこで買ったらいいのか?などわからないことや

不安なことがあると思います。

それらに経験も踏まえながら話していきます。

これからゴルフを始める初心者の方がゴルフのクラブというと

イメージされるのはやはりドライバーですね。

ドライバーはやはりゴルフのラウンドには必需品です。

実はドライバーが無くてもラウンドは出来なくないです。

ただ、par3のショートホール以外ではティーショットは

ドライバーを持つことが多くなります。

アイアンセットも必需品となります。

アイアンセットはだいたいPW(ピッチングウェッジ)という

一番短いアイアンから

5I(5番アイアン)、4Iという長いアイアンくらいまでです。

1~3Iもあるのですが大変当てるのが難しいので

あまり持っている人を見かけることはありません。

そしてもう1つがSW(サンドウェッジ)です。

これが無いとバンカーにボールを入れてしまった際

脱出するのが困難になります。

PW以外のウェッジはセットに無いことが多いので別に購入します。

ウェッジは52度などの角度で表示されていることがあります。

PWとSWの間の距離を打つAW(アプローチウェッジ)

角度の目安としましては

PW 48~49

AW 52~54

SW 56~58

パターも大事な道具の1つです。

グリーンの上ではパター以外使えません。

カップにボールを沈めるのは初心者の方からすると

簡単そうに思えますが実際やってみると難しいです。

グリーンに乗るまでと同じ、もしくはそれ以上の打数を

パターで費やすなんてことは始めのうちはざらにあります。

フェアウェイウッドも最初からあるに越したことはないですが

余裕が無ければ最初は購入しなくても大丈夫です。

クラブの種類が増えれば増えるだけ

たくさん練習が必要になるので

まずはドライバー、アイアンのミート率を上げて

真っ直ぐ打てるようにすれば

初めてでも楽しくラウンドできると思います♪

パターも時間があれば練習してみてください。

パターはピンタイプ、マレータイプなど色々形があります。

まずは自分の感覚で真っ直ぐ転がしやすいタイプのものを選んでみてください。

ゴルフ場でも練習グリーンはあるので

ラウンド前にそのゴルフ場の芝のコンディションを確かめておくのも重要です。

・ドライバー

・アイアンセット(PW-5I)

・SW

・パター

キャディーバッグ

前述したクラブを入れるバッグになります。

他にもボールやグローブ、ティーや雨具など

ラウンドに必要な物を入れられます。

・キャディーバッグ

ゴルフボール

練習場ではボールを貸してくれますが

ラウンドでは自分でボールを買って持っていきます。

最初の内はロストボールというブランドやシリーズが揃ってない

ゴルフ場でOBしたボールの中でもまだ使えそうな物をセットにした

袋詰めでもいいと思います。

良いものだと1球500円を超えるものもありますが

最初はいっぱいボールをなくすので安いボールで良いでしょう。

120切るくらいならもうロストボールは卒業して

キャロウェイのウォーバードあたりからでも新品のボールを使ってみてください。

ボールの良し悪しは飛距離やスピンに大きく影響します。

・ゴルフボール

その他

ゴルフは意外と歩くスポーツだとやってみてはじめて感じます。

18hで6000ヤード前後の距離をボールを打って

カートに乗る事もありますが

半分くらいは歩いてボールのとこまで行くので

いい運動になります。

そしてそんなゴルフプレー中は普通のスニーカーより

スパイクがある専用のシューズの方がショットを打ちやすいです。

芝にスパイクが食い込み下半身が安定します。

またコースでは傾斜が多いのでやはりスパイクがある

ゴルフシューズの方がスニーカーなどより適しています。

ゴルフシューズのスパイクは着脱式なので交換できます。

またスパイクがあまり好きではない人には

スパイクレスのゴルフシューズもあります。

サッカーでいうところのトレーニングシューズみたいな

ソフトな突起が靴底ついているものです。

その他の2としてはホールの最初のショットを行う際に

使う「ティー」があります。

大きく分けるとドライバー用のティーとアイアン用のティーがあります。

各メーカーが様々な形のティーを出しているので

自分が打ちやすいティーを見つけて下さい。

初心者の方はまず一般的なウッドティーからはじめてみてください。

ティーはラウンド中、結構なくしたり折ったりします。。

最後にグローブです。

クラブと体が唯一接触する部分は手になります。

グリップは強く握りすぎないのが良いのですが

滑ってしまっては困ります。

アイアンのグリップ部分の摩耗とグローブの使いすぎで

ラウンド中クラブが手から離れそうになったことがあります。

グローブも値段は安い物で構わないのですが

グリップ力が弱くなったらこまめに買い換えてください。

・シューズ
・ティー
・グローブ

ゴルフの道具を安く揃える方法

初心者の方でいきなり新品のニューモデルのアイアンセットを購入して

デビューするのはあまりお勧めしません。

なぜならゴルフがつまらなくてやめてしまう可能性があるからです。

私は続けていますが楽しいと感じないとやはり長続きはしないものです。

実際にゴルフを始めても続かず3年以内に辞めてしまった友人が

周りに3人ほどいます。

なので道具を揃える方法としては

1.親戚・友人・知人に貰う、または安く売ってもらう

これだと0円もしくはかなり安く済みます。

まさか知り合いが古い道具を相場より高く

売ってくることはないと思いますが

知らないと思ってそういう事をされないように

中古の同じものをネットで調べるのが良いでしょう。

中古の値段は売ってくれる知人が思っているより

安いことがあるかもしれません。

もう1つは

2.中古のアイアンセットやドライバー、パターを購入

年式が古いと状態が良くてもかなり値段が安くなるのが

ゴルフの道具です。

正直5年くらい前のモデルを使っても

初心者の方でしたら全然問題ないと思います。

初心者用のキャビティバックアイアンがおすすめです。

低重心で玉が上がりやすく、

スイートスポットが広いので芯に当たりやすくなっています。

少し古いモデルでしたら15,000~30,000円もあれば

それなりのアイアンセットが買えます。

個人的におすすめの中古屋はゴルフパートナーです。

ドライバー、フェアウェイウッド、パターはこちらで購入しました。

品揃えもあり、関東圏であれば店舗もいくつかあるので

店員さんに直接相談もできます。

靴とグローブは新品を買うのが無難です。

ウェア類も人が着たのは嫌だというのであればお店やネットで探すのが良いと思います。

3.ウェアはゴルフ用品店ではないところで購入

ゴルフブランドのウェアは高いのでユニクロなどでも代用できます。

2013年マスターズを優勝したアダム・スコット選手もユニクロのウェアを着用し

ドライストレッチパンツとドライEXポロシャツを共同開発しているようです。

このセットであれば上下で6000円位です。

お手頃価格のアンダーアーマーを着用しているプロゴルファーも最近多いです。

後はアウトレットモールにあるルコックもゴルフウェアを扱っています。

どうしてもブランドにこだわる方は

アウトレットにもキャロウェイやタイトリストが入っているので

普通に買うより少し安くなっています。

4.オークション

時間と手間を惜しまないのであれば一番お得に欲しい物が手に入る可能性があります。

ただし、評価が低い人の出品は気を付けてください。

下のバナーのオークファンというサイトでは

ヤフオクや楽天オークションなど色々なオークションサイトで出品されている商品を

一括で調べられて便利です。



何かお目当てのドライバーやアイアンが決まっているのであれば

オークファンで検索して調べてから入札するといいと思います。

情報を集めて記事がまとまれば

次回は関東近郊でCPの高いゴルフ場の紹介をしてみたいと思います。

スポンサーリンク
 
Pocket