ブラウザのアドオン(拡張機能)でトラッカーからプライバシーを保護するGhostery(ゴーステリー)

GHOSTERY
スポンサーリンク


最近はブログやサイトを閲覧していると

以前見たホームページの商品などの広告が

どこのブログやサイトでも追っかけてくることがあります。

インタレストマッチやリターゲティング広告といったものですが

ユーザーの興味や関心、行動パターン、

閲覧したサイトの情報やどんなページをたどったかなどの行動まで

様々なデータを収集して広告配信しています。

つまりインターネットで色々調べたり、買い物をしたりしている

検索や行動という情報が利用されているということです。

勿論、配信している広告主は

個人を特定しているわけではないので安心してください。

ですが勝手に利用されているのが何となく引っかかる、

不愉快だと思う人もいるでしょう。

そんな方に自分のインターネット上での動きを

トラッキングされない様にすることができるツールを紹介します。

Ghostery(ゴーステリー)はGoogle chromeやFireFoxなどの

ブラウザの拡張機能(アドオン)です。

※ブラウザの拡張機能以外にアプリもあります。

Ghostery

Google AnalyticsやFacebook、twitterなどのSNSのウィジェットなどが

収集しようとする情報をブロックできます。

1948件(2014年6月現在)のトラッカーからプライバシーを守ることができます。

Ghostery(ゴーステリー)のインストール

Google chromeでのインストール方法

1.ブラウザの右上にある設定をクリック

Google chromeの設定

2.ツール→拡張機能

3.一番下にある「他の拡張機能を見る」をクリック

他の拡張機能を見る

他の拡張機能を見る

4.Chormeウェブストアの検索窓にghosteryと入れてEnterキーをクリック

検索窓

検索窓

5.Ghosteryの「無料」ボタンをクリックし、ダイヤログボックスの追加をクリック

Ghostery

Ghostery

無料

使用方法・用途

使用方法

Chromeの場合インストールをすると右上にかわいらしいゴーストのマークが出てきます。

ゴースト

ゴースト

閲覧したサイトに入っているトラッキングコードからトラッカーを割り出します。

解析サービス一覧

解析サービス一覧

右上のゴーストは解析サービスの数を表示してくれます。

ゴースト2

クリックすると各サービスごとにブロックのON/OFF設定が出来ます。

トラッカーサービスのブロック設定

用途

勿論、用途はトラッカーのブロックです。

ネット上でどんなサービスにも解析されないゴーストになれば

ちょっとした優越感に浸れるかもしれないですねw

私の様なマーケッターの場合違う使い方として

他社サイトにどのような解析ツールが入っているか

またどのような広告を使用しているかを調べるの使用しています。

サイトに訪問しただけですぐにわかるのでとても重宝しています

スポンサーリンク


 
Pocket