Google(グーグル)とYahoo(ヤフー)のリマーケティング広告設定方法

YDN
スポンサーリンク


今更ですがリマーケティング(yahooではリターゲティング)を始めました。

一度サイトを訪問したユーザーに広告を表示する機能です。

たとえば何もアクション(購入・問い合わせ)をしないままサイトを離脱した見込み顧客に対して、

サイトに戻ってくるよう仕掛けることができます。

これは今すぐ客でない場合、ブログやニュース、SNSなどで広告が表示され

忘れさせない有効な手段となります。

まずは「Googleのリマーケティング」から解説します。

1.リマーケティング タグを取得する

・リマーケティング タグは [共有ライブラリ] で確認できます。
・[キャンペーン] タブをクリックします。
・[共有ライブラリ] をクリックします。
・[ユーザー リスト] の [表示] をクリックします。
・[タグの詳細を表示] をクリックします。
・[設定方法] で [リマーケティング タグと設定手順を表示] をクリックすると、タグが表示されます。この画面から、タグを自分やほかの人にメールで送付することも可能です。

2.リマーケティング タグコードの貼り付け

・取得したリマーケティング タグ コードをコピーし、各ページの下部(ソース コードの終了タグ「」の直前)に貼り付けます。

以上です。分からなかった方はこちらのページを参照してください。

次に「Yahooのリターゲティング」の設定です。

Yahooのリターゲティング

1.アカウント作成

・ヤフーの場合、もし現在リスティングだけでインタレストマッチを使用していない場合は
まずYDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)のアカウントを作ります。
YDNで検索すれば情報がでてくると思いますのでここではYDNのアカウントに関しては割愛します。

2.リターゲティング用タグの取得

・広告管理ツールの「広告管理:YDN」タブをクリック

・「アカウント一覧」から当該アカウントをクリック

・「ツール」タブをクリック

・「ターゲットリスト管理」をクリック

YDN

・「プライバシーポリシーに必要な記載事項」について規約の内容を確認した上で、「同意する」にチェックを入れ、[サイトリターゲティング用のタグを取得する]ボタンを押す(同意は初回の1回のみ)

・タグ欄に表示されているサイトリターゲティング用タグをコピーする

・取得したタグを、サイト内の全ページの終了タグ</body>の直前に貼り付ける

・サイトリターゲティング用タグを貼り付けたファイルを保存し、ウェブサーバーにアップロードする

3.ターゲットリストを作成する

YDN
・[+ターゲットリスト追加]ボタンを押し、「条件で設定」、「組み合わせで設定」のいずれかを選択
・「条件で設定」:ターゲットリスト(条件)を作成します。
・「組み合わせで設定」:ターゲットリスト(組み合わせ)を作成します。

Google(グーグル)、Yahoo(ヤフー)ともにターゲットを設定します。
過去にサイトを訪問した人、コンバージョンした人などのセグメントが可能です。

一度でもあなたの会社やサービスに興味を持ってくれたユーザーを簡単に逃がさないように
試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク


 
Pocket