久しぶりにサーバー移管をやったので備忘録|Peaceful Days

本日とうとう重ーい腰を上げ、会社のホームページをさくらインターネットから

ヘテムルへ移管しました。

独自SSLの設定が簡単そうだったこと、

容量とサイトの読み込みスピードの2つの理由で

決意をしたのですが…

かなり久しぶりのサーバー移管で手間取ったので

次回移管作業があった際にスムーズにいくように

備忘録を記載しておきます。

下記ヘテムルの解説ページが大変わかりやすかったのでリンクを載せておきます。

他サーバーからの移転方法 – レンタルサーバー「heteml(ヘテムル)」

1.新しいレンタルサーバーの契約

2.新しいレンタルサーバーの方で独自ドメインの設定

3.新しいレンタルサーバーの方でメールアドレスを作成する

4.新しいレンタルサーバーの方へホームページのデータをアップロードする

5.ドメインを取得した会社の管理画面でDNSの情報を
新しいレンタルサーバーの会社のものに変更する

6.DNSが新しいレンタルサーバーの方を参照したら旧サーバーを解約

ざっくりとした手順は上記のとおりです。

ただし、サイトにメールフォームやWordPressの様なデータベースを使用している場合

上記以外の手間がかかります。これらは4.の後に設定をします。

1.新しいレンタルサーバーの契約

こちらは各レンタルサーバー会社によって違うと思います。

この記事ではheteml(ヘテムル)でのやり方を記載しておきます。

ヘテムルのサイトのトップページ右上の申込みをクリックします。

ヘテムルトップ

ヘテムルトップ

レンタルサーバー「heteml」お申し込みフォームでアカウント情報を入力し、

内容を確認するボタンを押します。

トップページ右上のログインよりIDとパスワードを入力して

コントロールパネルへ入ります。

ヘテムルログイン

ヘテムルログイン

コントロールパネル内にて契約ボタンを押し

支払い(銀行振込・クレジットカードetc)を済ませればOKです!

2.新しいレンタルサーバーの方で独自ドメインの設定

コントロールパネル内のトップページより「ドメイン・メール設定画面へ」をクリック

独自ドメイン設定

独自ドメイン設定

新規ドメイン設定「独自ドメインを設定する」をクリックします。

独自ドメインを設定する

独自ドメインを設定する

取得しているドメインと公開フォルダ(名前は任意)を入力します。

ドメイン・公開フォルダ

ドメイン・公開フォルダ

DNSサーバーを変更していませんがこの段階では気にせず「独自ドメインチェックをする」をクリックします。

独自ドメインをチェックする

独自ドメインをチェックする

heteml(ヘテムル)サーバーでの独自ドメインの設定は以上です。

3.新しいレンタルサーバーの方でメールアドレスを作成する

「ドメイン一覧」からメールアドレスを作る独自ドメインの+ボタンを選択し、

メールアドレス設定をクリックします。

メールアドレス設定

メールアドレス設定

下の方にある「新規作成」をクリックします。

メールアドレス新規作成

メールアドレス新規作成

新規のメールアカウントを任意の名前で作成します。

メールアカウント作成

メールアカウント作成

4.新しいレンタルサーバーの方へホームページのデータをアップロードする

いつも使用しているFTPソフトか、新しいサーバーのウェブFTPで旧サーバーにあるデータをアップしてください。

FTP

FTP

5.ドメインを取得した会社の管理画面でDNSの情報を新しいレンタルサーバーの会社のものに変更する

これを行うと数時間後には新しいレンタルサーバーの方に完全に移管されます。

後述しますがDNS情報を変える前にWordPressなどのデータベースを利用したものは

移行しておきましょう。

私が利用しているドメイン管理会社はお名前.comなので

そちらでのやり方を説明します。

ログインした管理画面の取得したドメイン一覧からネームサーバーの変更するボタンをクリックします。

ネームサーバー変更

ネームサーバー変更

つぎに他のネームサーバーを利用のタブをクリックします。

他のネームサーバ―

他のネームサーバ―

プライマリネームサーバーとセカンダリネームサーバーを入力し、確認画面へすすみます。

プライマリネームサーバー

プライマリネームサーバー

設定をすれば新しいサーバーへの移管が完了です。

ヘテムルのネームサーバーの情報はこちら

メールフォームプロの設定変更

私は無料で機能性が良いメールフォームプロを利用しています。

デザインはCSSが分かればいじることができます。

ヘテムルにアップする際にCGIファイルのパーミッションを変更して

mailformproフォルダ内のconfig.cgiファイルを少し修正します。

パーミッションの値

パーミッションの値

上記の数字に直します。

ffftpでアップの場合、

アップされたファイルを右クリックし、属性の変更からパーミッションの値を変えます。

sendmailはconfig.cgiを開き、

##sendmailのパス
$config{“sendmail”} = ‘/usr/lib/sendmail’;

と変更しておきます。

ネームサーバーが新しいレンタルサーバーに完全に移管されていないと

上手く機能しないことがあります。

WordPressの移管

まず旧サーバーのWordPressのファイルをすべてダウンロードし、

新サーバーへアップします。

かなり重いし、時間がかかりますが辛抱です。。

そして肝心のデータベースですが、

レンタルサーバーのデーターベース管理(レンタルサーバーごとに名前が違うかも)

からphpMyAdminのログイン画面に行きログインします。

phpMyadmin

phpMyadmin

そして目的のデータベースをクリックします。

データベース

データベース

すべてチェックするをクリックし、テーブルを全部エクスポートします。

テーブルをエクスポート

テーブルをエクスポート

新しいレンタルサーバーでデータベースを作成し、

エクスポートしたファイルをzipフォルダに圧縮してからインポートを行います。

これだけでは実はうまくいきません。

WordPressの設定ファイル(wp-config.php)の修正が必要になります。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘wppeaceful’);

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘peacefulpuzzle’);

/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘peace1234’);

/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘localhost’);

上記4つを新しいサーバーの設定に修正すればOKです!!

以上でレンタルサーバーの大体のお引越しはできると思います。

参照

WordPressで「データベース接続確立エラー」と表示されるとき

スポンサーリンク
 
Pocket