コーポレートサイトを簡単に作れるWordPressのテーマ|Peaceful Days

スポンサーリンク


ウェブデザイナーとしてhtml5やCSS3、レスポンシブデザインなど

覚えなければならない技術が多く大変な仕事に就いてしまったな~という印象ですが…

すべて全力で製作していると学習時間を作れないし、あまりに大変なので

案件によってはWordPress(ワードプレス)様のお力を借りております

WordPress(ワードプレス)は基本ブログのCMSですが

カスタマイズすることでサイトを製作することもできます。

そんなWordPress(ワードプレス)でサイトを製作するのに

とても便利なBizVektor(ビズベクトル)というテンプレートを見つけました。

ホームページを作る仕事をしているにも関わらず

本当にしょうもないデザインのページを

何年にも渡り放置していた為

重い腰を上げようとしましたが。。

いざ自分のサイトとなるとこんなデザインのサイトにしたいとか、

こんな機能を入れたいとか何にも希望がないことに気付き、、

クライアント=自分って恐ろしいなと…

またお客さんから仕事を依頼された場合、

多少なりとも収入がありますが自分のサイトは自己満という対価しかない。。

その対価に関して本当に興味がないんでw

そんなホームページに対して欲の無い私を

大変楽にしてくれたテンプレートBizVektor(ビズベクトル)について

普通のテンプレートと何が違うのか説明します。

BizVektor(ビズベクトル)とは

BizVektor(ビズベクトル)のトップページ

まずトップページが違います。

何が普通のテンプレートと違うかというと

WordPressのテンプレートはほとんどの場合、

新着記事の一覧がトップになっています。

もちろん固定ページを選択して

それをトップページにすることはできるのですが

その場合でもデザインをサイトのトップページように

作らなければなりません。

レイアウトは決まっていますがサイトのトップページが

すでにデザインされているのでスクロールするキービジュアル(スライドショー)

やバナーエリア(3PRエリア)の画像やリンク先を決めるだけで見れるページになっちゃいます。

テーマオプション

この機能は管理画面でヘッダーやフッター、

連絡先、トップページのスライドショーやバナーエリア(3PRエリア)の画像を

コードなど書かず直観的に更新・修正できる優れた機能です。

Information

コーポレートサイトではよくある更新情報のお知らせを

informationという「投稿」とは別の「information」という

別の投稿カテゴリー(カスタムタクソノミー)で記事をアップすると

トップページに一覧が自動で出てきます。

見出しの背景

記事や固定ページのタイトルやh2、h3などの見出しに

自動的に背景が入ります。

スタイルシートが設定されているのでしょう。

かなり便利です。

BizVektor(ビズベクトル)についての総評

一般的なコーポレートサイトを製作するには十分な機能がついており

しかもこれが無料で使用できるというのが驚きです。

WordPressが少し使えれば立派なコーポレートサイトが製作できてしまう。。

より高度なカスタマイズはhtml、css、phpの知識がないと無理ですが、

テンプレートの機能だけでも全然問題ないでしょう。

PEACEFUL PUZZLEのサイトもだいぶ楽をさせてもらえそうですw

今度はBizVektor(ビズベクトル)の使い方やカスタマイズについても

書いてみようと思います。

スポンサーリンク


 
Pocket