リンク先のスクリーンショットを簡単に記事に張り付けられるプラグイン!


WordPressのプラグインでとても便利なものを見つけたので紹介します!

ブログなどで他のサイトや紹介したいブログがあった際に、

スクリーンショット付ですとイメージが分かりやすく、ユーザーにも親切だと思います。

スクリーンショットをリンク先のサイトやブログで取り、

フォトショップやPicture Managerなどでトリミングをしたりする手間が省ける

「Browser Shots」というプラグインです

まずはBrowser Shotsのプラグインを取り、有効化します。

プラグインの取り方・有効化

WordPressのダッシュボード(管理画面)の左メニューから「プラグイン」→「新規追加」

プラグインのインストール

プラグインのインストール

「プラグインのインストール」のページにある検索窓に「Browser Shots」と入力し、

プラグインの検索をクリックします。

プラグインのインストール2

プラグインのインストール2

検索の候補の中からBrowser Shotsの「いますぐインストール」をクリックします。

プラグインのインストール3

プラグインのインストール3

プラグインを有効化をクリックして完了です♪

Browser Shotsをビジュアル編集で使ってみる

コードでスクリーンショットをとることも可能ですが

「ビジュアル」編集の方でワンクリックで使用できるボタンが追加されているので

そちらがとても便利です!

Browser Shots

Browser Shots

カメラマークのアイコンをクリックします。

Browser Shots2

Browser Shots2

横幅のサイズを指定する画面が出てきます。単位はピクセルです。

Browser Shots3

Browser Shots3

次にリンク先のURLを指定する画面が出てきます。URLを入力してOKを押せば完了です。

「横幅600pxでのグーグルのスクリーンショット」

[browser-shot width=”600″ url=”https://www.google.co.jp/”]

Browser Shotsをテキスト編集で使ってみる

ビジュアル編集で入力するとコードが分かるので下記のように書くとテキスト編集でもスクショがとれます!

サイトやブログによっては読み込みに時間がかかりますが

とても便利なので利用してみてください。


Pocket