XAMPPを使用したローカルでのWordPressの設定方法

xampp11
スポンサーリンク


クライアントから自社での更新ができるサイトを製作して欲しいと依頼された場合、

ウェブデザイナーの皆さんはまず真っ先に「WordPress」もしくは「Movable Type 」を

思いつくのではないでしょうか?

クライアントに進行状況を確認してもらうためにサーバーにアップロードする前に、

ローカルで動作やデザインを確認したい場合があると思います。

そのような時、必要になるXAMPP(ウェブサーバーの簡易構築用ソフト)の設定と

ワードプレスをローカルで確認する設定のフローを解説します。

XAMPPがあればPHPのファイルもローカルで動作するようになるので

納品前のテストや学習にとても便利です。

XAMPPでローカル環境の構築というととても難しそうに聞こえますが

1度インストールしてしまえばFTPでファイルをアップロードする手間なく

ローカルで確認できるため以降の作業はとても楽になります。

まずはXAMPPを配布しているhttp://www.apachefriends.org/jp/より最新版のインストーラーをダウンロードしてください。

XAMPPのインストール

xampp

xampp

先程のリンクよりサイトにアクセスし、XAMPPページへのリンクをクリックします。

XAMPP2

XAMPP2

Linux版、Windows版、Mac OS X版、Solaris版がありますので

自分が使用しているPCのOSに合わせたページをクリックしてください。

xampp3

xampp3

OSに合わせたリンク先ページの下の方にある「インストーラ」をクリックします。

xampp4

xampp4

ダウンロードしたXAMPPのインストーラーファイルをダブルクリックしてインストール作業を始めます。

xampp5

xampp5

Nextをクリックします。

xampp6

xampp6

必要あるものはチェックボックスを外さずに「Next」を押して次に進みます。

xampp7

xampp7

ファイルを格納するフォルダを選びます。そのままで良ければ「Next」をクリックして次へ

xampp7

xampp7

BitNamiのページでWordPress用のモジュールをダウンロードする場合はチェックボックスを外さずに「Next」

BitNamiのWordPressモジュールについての解説をしているブログを

見つけたので参考までに下記にリンク記載します。

ローカル環境でWordPressを作るならBitNamiが断然簡単! | wordpress&Me

必要ない場合はチェックボックスを外してください。

xampp8

xampp8

ここまでの設定に問題が無ければ「Next」を押して次へ進みます。

xampp9

xampp9

XAMPPを立ち上げるかどうかについてのチェックボックスです。

立ち上げるので外さずに「Finish」をクリックしてください。

xampp10

xampp10

XAMPPが立ちあがったら「Apache」・「MySQL」の「Start」をクリックし起動させます。

xampp11

xampp11

xampp11

xampp11

一番右にある日本語をクリック

xampp12

xampp12

XAMPPの設定から立ち上げまではこれで終了です。

XAMPPのフォルダ

WINDOWSの「すべてのプログラム」内にある「XAMPP」フォルダを選択します。

XAMPP htdocs folderを選択します。(C:\xampp\htdocs)

ここに置いたWordPressやPHPファイルはローカルで動作します。

ブラウザからのアクセスはhttp://localhost/htdocs/になります。

ローカルでのWordPressのダウンロードと設定

最近はレンタルサーバーでワンクリックで設定ができてしまうのであまり手動でやる機会もないですが

基本的には手動でダウンロードして自分のサーバーにアップロードする手順と変わりません。

WordPress.orgでワードプレスをダウンロードしてください。

WordPress

WordPress

ZIPフォルダを解凍し、先程のXAMPP htdocs folderに「wordpress」をフォルダを入れます。

wp-config-sample.phpを編集します。

ホスト名:localhost

データベース名:test

ユーザー名:root

パスワード:(なし)

上記に書き換えが終わりましたら

wp-config-sample.phpからsampleを除きwp-config.phpにファイル名を変え、

http://localhost/任意のフォルダ名/wp-admin/install.phpにアクセスします。

WordPressのデータベースへのインストールがはじまります。

以上でXAMPPを使ったローカル環境でのWordPressの設定となります。

〇2013年12月現在

WordPress  ver 3.8

XAMPP  ver 1.8.2

スポンサーリンク


 
Pocket